ピアノ教室 羽村市

レッスン

料金

入会金5000円、レッスン料金一か月7,500円より、1時間4000円より

入門・導入期
はじめてピアノのレッスンを受ける生徒さんには、主に「バスティン・メソード」を使います。アメリカのバスティン夫妻によって1970年ころから順次刊行、整備された膨大なピアノメソードで、4歳から使える幼児用の入門書、小学校低学年用の入門書、小学生用の入門期から音楽・ピアノ演奏の基礎を築く「ベーシックス」のシリーズ、中級レッスンのためのシリーズ、大人になってからレッスンを受ける人たちのための入門から基礎段階の教本など、ピアノレッスンの様々な段階や対象年齢、目標設定のバリエーションごとに教材が用意されています。
 
ピアノのレッスンをはじめる年齢は、どのくらいが適当なのでしょうか?もちろん個人差はありますが、音楽の能力を伸ばすために最も大切な「耳」を育てるためには、なるべく幼い時期にはじめる方がよい、という考え方もあります。でも、個人レッスンという形態は、あまり幼いとうまくいきません。また、ピアノのレッスンである以上、全く楽器を使わない期間をあまり長くとるのもどうかと思いますが、大人と同じ楽器を弾くことを考えると、5歳になっても手の大きさは十分ではありません。テクニック上の観点だけなら7~8歳が適齢期と言えます。さらにもっと年上になってからでも、親御さんに頼らずに自分の意志で練習できること、目標を自分なりにしっかりと持てることなどの点で、物心つく前にレッスンを始めた人より有利な場合もあります。
 
このように、入門の年齢及び身体や音楽能力の発達段階が、すでにその時点で一人一人違っています。バスティンでは子供用の入門書だけでも3種類用意されていて、さらに各シリーズの中でも併用教材の選択によって進度や難度の調整ができます。現在出版されているピアノ教材のなかでも最も優れたもののひとつ、と考えます。
基礎段階
「基礎」という言葉が意味する内容は、ピアノのレッスンにおいては二つあります。ひとつは音楽全般に共通の「楽譜を読み、音楽的な意味を読み取る能力」です。ピアノという楽器を使うと、歌や他の楽器を使う場合に比べて「音楽全般」に内容を広げやすいのです。「ピアノを習うと他の楽器を演奏する場合にも役立つ」という事実はこのことを意味します。知的好奇心が強い子供は、導き方によっては次々と興味を発展させ、音楽の面白さを発見していきます。
もうひとつの内容は、ピアノを楽器として扱う方法、つまり演奏技術の訓練です。子供のピアノレッスンにおいては、まず、「ピアノが弾ける手」に成長していくようにするため、手の体操やリズム訓練と関連付けた小曲を、手の大きさや成長具合に合わせて課題にしていきます。これは教える側にとっても教わる側にとっても、長い期間の忍耐を必要とします。レッスンに飽きたり辛抱できなくなるのは、大方、この訓練に耐えられないのが原因です。でも、これを抜きにしては次の段階の曲には手が届きませんので、ピアノ教師にとって永遠の課題です。
中級
「中級」という言葉が意味する内容には、考え方で違いがあります。ここでは、「楽譜がよめて、ピアノ演奏上の一応の約束事がわかるようになった」段階でのレッスン、と定義しておきます。
基礎段階までは、その生徒さんの音楽的興味、好み、目標がどんなものであろうと、レッスン内容に大きな違いはありません。誰でも基礎は身に着けないと、ピアノは弾けないのですから。中級になると、どんな曲が弾きたいか、何を目標にするのかで内容が変わってきます。一人一人みんな違うので、具体的に書くのは別の機会にさせてください。
上級
上級では、生徒さんの側の条件にかかわらず私がレッスン可能な内容、ということになります。
それはクラシックのピアノ曲で、私のレパートリーにあるもの、という条件です。たとえばジャズは、私の能力の範囲外です。クラシックでも、近代以降のピアノコンチェルトはレッスンできません。
ラフマニノフ、スクリャービンもレパートリー外です。具体的にはメール等でお問い合わせください。